検索
  • toshiyukisawashita

2021/03/06 デイハイク

最終更新: 3月13日

今日のカブスカウトの活動は「ひたすら歩くデイハイク」です。

スカウトに必要な体力と忍耐力、判断力を養うため、「指示書」を読み解きながら目的地を目指してひたすら歩きます。


もともと夏〜秋頃にナイトハイクとして開催予定でしたが、天候に恵まれなかったり、活動停止になってしまったりで、年度末のこの時期にようやくの実施となりました。


こちら活動の様子をダイジェストでお送りします。

朝につくば市北方某所へ集合。気持ちの良い天気です。


組に分かれて指示書を受け取り、隊長に報告をしてから出発します。


最初の指示書には、目指すポイントが順番に示されていたようです。

「こだいいせきのまえ」や「〒のてまえをみぎななめまえ」「卍」など、ぱっと見は何のことかわかりませんが、学んだ知識と直感をもとにスカウトたちは進みます。


どうやら「こだいいせき」は遠くに見える建物のようでした。


「こだいいせき」はすぐ見つかったものの、次のポイントが見つかりません。

高いところからそれらしい目印がないか探します。


進み続け、〒:郵便局 が見つかりました。最初のゴールはもうすこしです。


卍:お寺 が見つかりました。一息入れて、次の指示書を受け取ります。


次の指示書には「じんじゃまでのぼること」の文字がありました。

薄々感じてはいましたが、あの正面に見える山を登るようです。


山道中腹の鳥居前でひと休み。登り坂でくたくたかと思いきや、遊具が動いているような?


登ってきたのは「つくば道」。もともとは江戸時代に整備されたようです。→北条歴史手帖


スカウトたちは数時間歩き、ようやく筑波神社に到着しました。像のお出迎えです。


道程は折り返し、時間が押しているので、急いで昼食を食べて出発です。

どうやら帰りは違う道を通って山を降りるよう。指示書を確認しながら進みます。


本当にこの道で良いのでしょうか?ナイトハイクだと明かりが無くて迷いそうです。


とまあ、険しい山道でしたが無事に降りてこられました。

ここからはつくばりんりんロードをまっすぐ歩きます。(約6km...)


山を背景に。


反対側は平野が広がっていました。あのボウリング場は営業しているかな?など周りを観察しながら歩きます。


と、最後までひたすら2時間近く歩き続けてゴールです。

ヘトヘトですがしっかり終わりのセレモニーを。今回は2組さんが一位で到着でした。

みなさんおつかれさまでした!


106回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示